2010年03月27日

小林千代美議員、離党も辞職もせず…会見で表明(読売新聞)

 北海道教職員組合(北教組)による政治資金規正法違反事件で元陣営幹部が起訴されたことについて、民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)は22日夜、札幌市内で記者会見し、「責任を感じるが、国会、地域での活動に努め、職責を全うしたい」と述べ、当面は議員辞職も離党もしない考えを示した。

鳩山首相は内閣改造・党役員人事で反転攻勢へ?(産経新聞)
女米兵聴取、容疑認める 沖縄ひき逃げ(産経新聞)
ツシマヤマネコの感染防止へ飼い猫管理条例(読売新聞)
唐澤・森陣営と原中陣営の対立構造、鮮明に―日医・役員改選(医療介護CBニュース)
ミニバイク1万1千台に改善対策=ホンダ(時事通信)
posted by ウエマツ シズオ at 09:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

30年地震確率、高い水準に=新潟・十日町断層帯西部−政府調査委(時事通信)

 政府の地震調査研究推進本部の地震調査委員会は18日、新潟県の「十日町断層帯」西部(小千谷市から新潟・長野県境付近の長さ33キロ)の長期評価を一部改めた結果を公表した。2005年の当初評価では、今後30年間の地震発生確率を1%としていたが、ボーリング調査などで最新活動時期が3100年以上前と分かり、3%以上に引き上げた。日本の主な活断層では高い水準に当たる。
 全体が一度に活動した場合、地震の規模(マグニチュード=M)は7.4程度。事務局の文部科学省の推定では、長岡市と小千谷市の境界付近や長野県飯山市などの一部地域で、最大震度6強の揺れが起きる。
 一方、同断層帯東部(十日町市内の長さ19キロ)については、過去の活動時期の年代を小幅変更したが、最新活動時期は依然不明で、今後30年間の地震発生確率は0.4〜0.7%のままとした。全体が一度に活動するとM7.0程度で、十日町市などで最大震度6弱の揺れが予測される。 

【関連ニュース】
復興方針の早期提示を=首都直下地震で
千葉県で震度3
福島で震度5弱、1人けが=北海道から近畿まで揺れ-1週間は余震注意・気象庁
宮城などで震度4
津波予測、来春にも改善=当初規模から日本沿岸まで

普天間問題 首相「県外は困難、気持ちを大事に…」(産経新聞)
小沢氏主導「2人区2人」、前原氏が見直し求める(読売新聞)
電車内で痴漢、京大生逮捕=女子学生の太もも触る−京都府警(時事通信)
あかねだすき かぐわし 新茶 京都・木津川で初茶摘み(産経新聞)
矢野きよ実さん 「JAYWALK中村容疑者支えたい」(毎日新聞)
posted by ウエマツ シズオ at 12:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。