2010年03月06日

北教組事件 書記長ら資金捻出か 解散先送りで一時は資金難にも…(産経新聞)

 昨年8月の衆院選をめぐり、民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=側が北海道教職員組合(北教組)側から総額1600万円の違法な選挙資金を受け取ったとされる事件で、資金提供は小林氏側が北教組側に要求して始まり、北教組書記長の小関顕太郎(54)と会計委員の南部貴昭(52)の両容疑者が北教組内でプールしていた裏金から捻出(ねんしゅつ)していたことが2日、関係者への取材で分かった。札幌地検は裏金づくりが組織的に引き継がれていた疑いがあるとみて調べている。

 北教組委員長代理の長田秀樹容疑者(50)と小関、南部両容疑者は、札幌地検の任意の事情聴取に応じておらず、逮捕後の取り調べにも黙秘や否認しているという。

 札幌地検の調べによると、小関、南部両容疑者は平成20年12月〜21年5月、3回にわたり計1200万円を、また、長田、小関、南部の3容疑者は21年7月、400万円を、それぞれ小林氏の選挙対策事務所の会計担当で自治労北海道財政局長の木村美智留容疑者(46)に、違法に提供した政治資金規正法違反(企業・団体献金の禁止)の疑いが持たれている。

 関係者によると、小林氏陣営は20年9月20日、福田康夫首相(当時)の退陣表明を受け、年内の衆院解散、総選挙のムードが高まったことから北海道江別市内に選挙事務所を開設した。

 事務所の家賃は約30万円で、車やファクス、コピー機なども借り、毎月の維持費は100万円前後に達した。しかし、麻生太郎首相(当時)が解散に踏み切らないため、陣営は深刻な資金難に陥ったという。

 このため、陣営幹部の間では一時、事務所の閉鎖も検討されたが、「一度看板を下ろすとイメージが悪い」として、事務所を維持して選挙準備を続けた。

 しかし、資金繰りは年を越せない状況にまで悪化し、同年11月下旬ごろ、木村容疑者が、陣営の選対委員長だった北教組の委員長(昨年6月死去)に「事務所の維持費が足りない」と相談。木村容疑者は、小林氏が代表を務める民主党第5区総支部の副幹事長として総支部の会計も担当していたが、「民主党本部からも金をもらえない」と訴え、資金提供を求めたという。

 これを受け、小関、南部両容疑者は、公立学校で主任教員に支給される「主任手当」などを組合員に拠出させて北教組内でプールしていた裏金から資金を捻出。委員長が約1週間後に札幌市の北教組本部事務所で現金400万円を木村容疑者に渡したという。

 委員長はこのほかに21年5月までに800万円を木村容疑者に提供。委員長の死去後の同年7月、木村容疑者は長田容疑者に「資金が足りない」と資金提供を要請し、選挙事務所で別に400万円を受け取ったという。

 木村容疑者は札幌地検の調べに対し、「1600万円は表に出せない金だと思ったので、普段使わない口座に入れて管理していた」と供述しているという。

【関連記事】
北教組事件で問われる民主の体質 「労組ぐるみ選挙」が常態化
北教組幹部逮捕で民主・小林氏「今後の推移を見守りたい」
小沢氏、小林氏進退「本人が決めること」 北教組資金提供
自民、小林千代美議員の参考人招致を要求 北教組事件、衆院予算委で
「選挙は逮捕覚悟」 裏金の7割は幹部の飲み代 北教組元組合員
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<鯛生金山>盗まれた「金滴」 表面だけ金のレプリカかも(毎日新聞)
阿久根市長の議会欠席続く、予算案質疑入れず(読売新聞)
<遺伝子組み換え作物>作付面積が過去最高に(毎日新聞)
借金返済「待ってほしい」=事件前、上田容疑者が運転手に−同居男証言・鳥取不審死(時事通信)
<津波>高知も警報解除 気象庁(毎日新聞)
posted by ウエマツ シズオ at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

詐欺容疑で東京都職員逮捕=転売目的で銀行口座開設−警視庁(時事通信)

 他人に売る目的で銀行口座を開設したとして、警視庁立川署は1日までに、詐欺容疑で、東京都中央卸売市場食肉市場業務衛生課指導係主任の赤羽根聡容疑者(48)=立川市緑町=を逮捕した。同署によると、借金のあったヤミ金融会社に転売したとみられ、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は昨年5月中旬から6月中旬にかけ、立川市の地方銀行で、他人に売る目的を隠して普通預金口座を開設し、通帳1通とキャッシュカード1枚をだまし取った疑い。 

【関連ニュース】
国選報酬を過大に請求=詐欺容疑で弁護士逮捕
生活保護費詐取容疑で占師逮捕=テレビ出演で発覚
専門学校設立名目で600万詐取=容疑で元校長逮捕
消費者金融元社長ら逮捕=架空債権、36億円詐欺容疑
小学館社長かたり女子大生だます=容疑で41歳男逮捕

「第2波も気をつけて」首相、津波の恐ろしさ訴え(産経新聞)
「この瞬間、一生忘れない」=銀熊賞トロフィー、寺島しのぶさんに−大阪(時事通信)
<逆走衝突>三重・伊勢自動車道で3人死傷 (毎日新聞)
<裁判員裁判>裏切られた 保護観察中に窃盗(毎日新聞)
郵便不正の上村被告「検事に圧迫受け反省文」(読売新聞)
posted by ウエマツ シズオ at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

<火災>早朝、福岡名所の博多川端商店街で10店舗焼く(毎日新聞)

 1日午前6時ごろ、福岡市博多区上川端町の博多川端商店街から出火、福岡市消防局の消防車約30台が出動し、消火活動に当たった。市消防局によると、約10店舗を焼いたが、けが人はいない模様。福岡県警博多署と市消防局が出火原因を調べている。

 商店街は博多川をはさんで歓楽街・中洲の対岸にある南北約400メートルのアーケードを中心に、店舗数は約120店。休日には約2万5000人が訪れる。周辺には煙が立ちこめ、一時騒然となった。

 毎年7月に行われる博多祇園山笠で飾り山を出す商店街として知られ、7月15日の追い山で、飾り山の中で唯一走る山としても人気がある。

【関連ニュース】
火災:住宅が全焼し2人が死亡 石川県輪島市で
宮城アパート火災:心肺停止状態の4歳女児死亡
お手柄中3生:火災の住宅から幼い姉妹ら救出 大津
アパート火災:4歳と2歳の姉弟が心肺停止 宮城・名取
火災:全焼、父と26歳長女?死亡 埼玉・越谷

<大津波警報>青森県〜宮城県の三陸沿岸に 高さ1〜3m(毎日新聞)
<首つり死>二所ノ関部屋マネジャー、自殺か 大阪・茨木(毎日新聞)
参院選、小坂氏ら6人公認=自民(時事通信)
全面禁煙、飲食店・官公庁などで…厚労省通知(読売新聞)
ミカルディス錠、糖尿病性早期腎症の追加適応の申請取り下げ(医療介護CBニュース)
posted by ウエマツ シズオ at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。