2010年05月28日

全面禁輸の北朝鮮にピアノ…鳥取の古物商(読売新聞)

 全面禁輸となっている北朝鮮にピアノなどを輸出したとして、鳥取県警は24日、同県境港市福定町、古物販売業「ファースト商会」の会社事務所や経営者の自宅など十数か所を、外為法違反容疑(無承認輸出)で捜索した。

 捜査関係者によると、同社は昨年2月から同年秋にかけて、ピアノ数台などを中国・大連経由で北朝鮮に不正輸出した疑いが持たれている。

 政府は、北朝鮮の核実験に対する国連安全保障理事会の制裁決議に基づき、2006年11月に、ピアノなど「ぜいたく品」の輸出禁止を決定。さらに、昨年6月以降、独自の制裁措置として同国との輸出入を全面禁止している。

 同社のホームページによると、設立は06年5月で、従業員数は10人。古物販売や買い取りなどをしている。

今期18営業所新設、事業拡大路線に転換―セントケアHD(医療介護CBニュース)
<火災>民家全焼、焼け跡から遺体 愛知・田原(毎日新聞)
社民・緊急両院議員総会 日米共同声明「辺野古」明記反対を確認(産経新聞)
CO中毒、カツオは無関係(産経新聞)
虐待はどんな傷を残すのか(4)児童養護施設の夜(産経新聞)
posted by ウエマツ シズオ at 22:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。